2014年6月28日土曜日

ソウル―釜山

2014年6月



















韓国に行ってきました。
















































着いた次の日、いつも遊びに行くホンデのVinyl Barのジェグォン氏からお誘いを受けてDJ





ホンデでは老舗のバーです。





テイクアウトするとカクテルをストローで吸いながらホンデの街を歩けます。




人気のバーなのでこのようにプロモーションを頼まれることもあるとか。↑これはBIGBANGテヤンのアルバム。








上からラップトップ(パク・ダハム)、iPad(ジェグォン氏)、タンテ(わたし)のB2B2Bスタイルで6時間!










閉店後、ジェグォン氏がピザをご馳走してくれました。












深夜の帰り道、「おれは幸せもんや。。。」と何度も言っていたダハミ










次の日は『及ぼし』でDJ














会場のsmallstudiosemiは、ダハミの彼女であるヘミさんの家具制作スタジオです。
特別にパーティーさせてもらいました。




ムレ駅周辺は工業地帯で、週末は閑散としているためかなり大きな音を出しても大丈夫


最初は韓国のJUKE/FOOTWORKメイカーのsata////とCONG VU


video

ダハミが今回初めてコンタクトをとったというsata////。人前でやるのが初めてとは思えない完成度。






sata////を見守るCONG VU、そしてわたし





video

CONG VUはsata////が出てくるまで韓国唯一のJUKEメイカーでした。最近は日本からも熱い視線を集めています。動画からは分かりにくいかもですがめちゃくちゃ上手かった!機材捌きの手に見惚れました。毎日三時間以上練習しているとのこと。






そしてDJ Pepperoni Pizzaことパク・ダハム。

video

ラップごっこはこれでおしまい



ダハミは本当に信頼できるセンスの持ち主で、音楽から政治まで、どんな話題でもツーカーで通じ合えるのが嬉しい。
たまにこうしてDJしたりノイズを演奏したりしますが、メインの活動はあくまでオーガナイズとレーベル運営なので皆さん応援してあげてください!






stttrことわたしは韓国と日本の歌謡曲をかけました

video

EPO/DOWN TOWN




最後はVinyl Barのキム・ジェグォン氏。プログレとかテクノとか韓国歌謡をVinylオンリーで!

video

ジェグォン氏は、伝説的なサイケバンド『ココア』の元メンバーで、フジロックにも来たことがあるそうです。今はVinyl Barを一緒に経営している奥様と.59というバンドをやっていてこれがダンスフィーリングを兼ね備えたサイケ/アシッド・フォークという趣きで素晴らしい。ファーストアルバムはHelicopter Recordsから出ています。日本で見れる日が来るといいな!





来ていた人のインスタグラムからお借りした会場の様子




このブログの一つ前のポストでもおなじみのキリンと彼女のダウニー。
キリンはアルバム出るらしいぞ!




KIRIN&YOYO!ありがとう!






パーティー終了後、出前をとって打ち上げ。





フライドチキンのうえにニンニクが山盛り乗った食べ物。どんだけ~











いい一日でした。
韓国ではハウスやエレクトロなどのクオリティの高いパーティーは結構あるようですが、このようなオールジャンルのDJパーティーはまだまだ少ない模様。

そんな中、ダハミが2013年から主催している不定期パーティー『피자좋아하세요?(ピザはお好き?)』は、なかなか理想的なオールジャンルのパーティーのような気がします。今回の『及ぼし』もこのパーティーの延長のような感じ。








個人的には、もっと国内音楽(日本でいう和モノ)のDJが増えてきて欲しいですね。
ちなみに、今回共演したキム・ジェグォン氏と、イテウォンでハウス/ディスコDJとして活躍しているMagicoToDiscoの二人が公開している韓国モノミックスはどちらも非常に興味深いので是非ご一聴を。















次の日はバスで釜山へ












花札に興じるおじさんたち。5時間後通りがかったらまだやってました。














APTはアパートのこと








2日しかなかったので急いでレコード掘りつつ









美味しいものいっぱい










釜山風ネンミョン(冷麺)はミルミョンといいます








釜山のシンガー、キム・イルドゥ氏に案内してもらって家にも泊めてもらいました。人柄が最高で、ポーズじゃない本物の無頼漢という感じで衝撃の出会いでした…。釜山の悪い言葉を教えてもらった。









イルドゥ家のシャイな猫ちゃんたち






深夜、なかなか眠れないので散歩しました


老舗の中国茶タバンでお茶











 釜山タワー










 バナナ牛乳













翌朝、ソウル行きのバスに乗り込む前にバスターミナルで釜山名物の豚鍋を。
中にごはんと辛いのが沈んでて、かきまぜて食べます。






バス出発と同時に車内モニターでW杯韓国対ロシア戦がキックオフ!そこそこの盛り上がり!





ダハミによると、セウォル号の事故があったので今回のW杯はいつものようなお祭騒ぎではないらしいです。事故が社会に及ぼした影響は大きく、色んなところで事故関連の署名運動をしていました。逃亡中の関係者逮捕を呼びかけるこのようなビラもよく見かけました↓













ソウルに戻って友人たちと呑んだり。


다운と다솜




左はヒップホップ系音楽ライターのキム・ボンヒョン氏




요요





ポテトをつまむための二本指ビニール手袋










友達のDJダンビが働くシンサのカフェにも行きました






パーティーの相談中




シンサ~アックジョンあたりのエリアはかなりのお洒落タウンで、LOW CLASSICの路面店もあった。普通にかわいいけど微妙にインターネットっぽい質感があって面白い。














最後のランチに食べたビビンバが忘れられないうまさでした。


下の丼にも具がいっぱい入ってて、全部の具とごはんと辛いのを混ぜて食べる







そんなこんなで旅終了。
レコード屋は毎日行って60枚くらい買いました。






買ったのとか良かったのとか気になったのとか(順不同)



















一番グッときた1枚はダハミの家の壁に架かっていた80年代の独裁者チョン・ドゥファンの写真


白いスーツを着てサッカーボールを蹴っているチョン・ドゥファン。異様な写真だけど妙な味わい深さがあっていつも眺めてました。